ページTOP

土の子保育園とは

テキスト:パパ、ママ、安心。土の子保育園の3つの指針

テキスト:いたわりの出来る子ども

  • 年長児は、年少児にやさしく接する、とくに赤ちゃんには全園児優しくする事の出来る子どもに
  • 困っている子どもを、ほったらかしにせず「どうしたの?」と聞いてあげられる子どもに

テキスト:いたわりの出来る子ども

  • 全園児、皆、なかよく出来る子どもに
  • 年長児は年少児のお手本となるように、また、年少児は年長児の言う事を聞ける子どもに
  • 「いじめ」をしない子どもに。

テキスト:いたわりの出来る子ども

  • 先生、両親等の言う事をよく聞ける子どもに
  • お話を聞く態度として、お話をしている人の顔(特に口元)を必ず見る子どもに
  • 勝手なおしゃべりをしない子どもに
  • けじめの付く子どもに

開園当初よりパパ・ママ安心・・・をモットーとし、3つの保育指針 「いたわりの出来る子ども」 「和の持てる子ども」 「人のお話が聞ける子ども」 を掲げ 応援やご指示を頂き、これまでたいへん多くのお子様とふれあってまいりました。

お子様のいるあらゆるご家庭の お父さん・お母さんに変わり、お子様一人一人に愛情をそそぎみていくことを使命とし まっとうしていきたいと思います。

園児一人ひとりの個性を大切にし、保育園にいる間におけいこを習ったり文化教室を開くなど、 園児との心と心のふれあいを第一に考えています。また、季節ごとの行事も大切にしていますので、七夕、夏祭り、運動会、もちつきなど楽しい活動が盛りだくさんです。

ぜひ一度、園内見学にお越しください。(随時見学可能です)

土の子保育園についての印刷用案内PDFはこちらから

園での生活

通常の保育時間は朝7:30~18:00までとなっています。
土曜日も開園しておりますが、第2・第4土曜日は13:00までとなります。

テキスト画像:7:30~9:00 登園~自由・遊び
テキスト画像:9:00~10:00 朝の会~おやつ
テキスト画像:10:00~12:00 設定保育~給食準備
テキスト画像:12:00~15:00 午睡(お昼寝)
テキスト画像:15:00~16:00 おやつ~帰りの会
テキスト画像:16:00~18:00 ~降園

延長保育について

平日・第1・第3・第5土曜の18:00~21:00、第2・第4土曜日の13:00~18:00はスター保育園と名前を変えて、お子様をお預かりいたします。
詳しくは>>延長保育についてをご覧ください

お休みについて

日曜・祝祭日・夏季(8月13日~8月15日)・冬季(12月29日~1月5日)・年度末の土曜(次年度の準備日)

保育にかかる料金について

保育料

保育料はクラス(学年)別で変わりますので、ご確認ください。

0歳児クラス 45,000円/月
1歳児クラス 45,000円/月
2歳児クラス 39,500円/月
3歳児クラス以上 38,500円/月
兄弟の場合 68,500円/月

その他の費用

雑費 3,250円/月
絵本代 約400円/月
母の会会費 500円/月(お一人につき)

※制服・用品は園指定のものを購入していただきます。
※保育料・雑費は変更になる場合がございます。ご了承くださいませ。

保育料のお支払い

  • 毎月27日に、翌月分を銀行口座より引き落としいたします。
  • 退園される場合は、前月の5日までには退園届を提出してください。
    ※急な退園の場合、その月の保育料はお返しできません。
  • 休園の場合は、継続費として月16,200円納入してください。

※スター保育園は都度徴収となっております。
 詳しくは>>延長保育についてをご覧ください。

園から保護者の方へのお願い

延長保育について

テキスト画像:18:00以降はスター保育園に名前を変えて、お子様をお預かりいたします!

保育時間

平日 18:00~21:00
土曜日 18:00~21:00
第2・第4土曜日 13:00~18:00

料金・お支払いについて

料金 30分500円
保育料 500円/回
夕食代 350円/食

※料金は、お迎えの時に、ご利用分を納入してください。
※保育料・夕食代については、お得なチケットもございます。
(1枚の無料券つき)

保育料・その他費用につきましては、一度納入されたものは、いかなる場合にも返金はできません。ご了承ください。

土曜日の保育と延長保育利用について

土曜日にお仕事で保育を利用されるご家庭は金曜日までに必ず園にお伝えください。

また、しおりにも載せていますが土曜日の延長保育は完全予約制です。
利用される日の1週間前までには園の方へ利用する旨お伝えください。

以上ご協力、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。